女性

産科医療は早期に

男女

大阪の産婦人科をお探しなら、初産での不安を解消するためにもプレパパママ教室が充実しているところがおススメです。不安や緊張を話せる場所があるとリラックスして出産に挑みやすくなります。赤ちゃんとの時間を楽しみましょう。

この記事の続きを読む

自分で気づく前から

女性

妊娠初期の注意点をまとめているのがこちらのサイトです。どのように過ごせば良いのかを知っておきたい方はチェックしておきましょう。

妊娠がわかるのは5週目

妊娠初期とは妊娠0週から14週までのことを言います。その中でも妊娠超初期といわれるのが妊娠0週から妊娠4週です。この頃は普通ならまだ妊娠に気づいていない方がほとんどでしょう。妊娠週数は妊娠前の月経開始日からの週数で数えます。そのため妊娠4週で生理が来ず、もしかして、と気づく方が多いようです。中には着床出血と言って、胚が子宮に着床するときに微量の出血がある方もいます。もし不妊治療や意識的に妊活をしていて、基礎体温を測っている場合には、高温期が長く続くことで、もしかしたら、と気づくかもしれません。市販の妊娠検査薬で正しい検査ができるのは妊娠5週目からです。妊娠した際に絨毛から出るHCGというホルモンを測定しているため、これ以前の検査では正しい結果が出ないのです。

妊娠前からの気配り

妊娠検査薬で陽性が出たら、早めに病院へ行きましょう。検査薬で陽性の場合はほぼ妊娠しているでしょうが、ひょっとしたら子宮外妊娠などの問題がある場合もあります。妊娠5週から6週目はもう超音波で見ると胎児の胎嚢、心拍が見え始めるころです。婦人科で検査して今後の生活を考えていきましょう。妊娠初期は赤ちゃんの臓器や、神経の原型がつくられる大切な時期です。アルコールやたばこ、などの影響を受けやすいころでもあります。もし妊娠の可能性があれば、普段から控えるようにすると安心でしょう。また妊娠初期に摂っておきたいのが葉酸です。葉酸はビタミンBの一種で葉物野菜などに多く含まれており、赤ちゃんの神経管開存症を予防してくれます。特に妊娠初期はサプリメントでの摂取も進められていますのでできれば、妊活中からの摂取を心がけましょう。

妊娠に欠かせない栄養

女の人

妊婦には、胎児の成長を促しながら妊娠高血圧症を防ぐためにもカルシウムの摂取が大事になります。カルシウムだけではなく、他のミネラルと一緒に摂るようにすることでより吸収率を高めることが出来るようになります。

この記事の続きを読む

栄養バランスを考える

夫婦

妊娠中というのは、お腹の赤ちゃんのために食事に気をつける必要が有ります。特に赤身の肉は、妊娠中に積極的に摂った方が良いです。タンパク質や鉄分が含まれているので、お腹の赤ちゃんに栄養が届きやすくなります。

この記事の続きを読む